秘密の花園

アクセスカウンタ

zoom RSS 大好きな言葉たちを想いつつ・・・

<<   作成日時 : 2009/09/09 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ!!!ってときに思い出す言葉って、ある・・・。ちゃんと一字一句暗記してるわけでないけど、ここを思い出すと、なんだか、またどうにかやろうかなあという気持ちがする、言葉ってあるよね
これは聖書から・・・

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。
そうそれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしのくびきは負いやすく、
わたしの荷は軽いからである」
(新約聖書 マタイによる福音書 11:28〜30)

わたし=イエスさま

これをしったとき私は、そんなあ・・・重荷は自分で背負うものでしょう・・・って思えて、素直にこの言葉うけいれられなかった。けど・・・・・・「わたしの荷は軽いから・・・」って、そっと手をさしだしてくださるイエスさまは、柔和で謙遜なお方。ふつうの人(?)が自分のことを柔和で謙遜ですなんて言ったらかえって、どこが謙遜なのよ〜〜〜って感じるかもしれない・・・。だけどね・・・神の子であって罪のない方だから言えることなんだなあって。だから、「そんなあ〜〜〜」なんて言わずに、どっかりちゃっかり(?)すっぽり背負っていただく・・・



さて・・・全然ちがうけど・・・大好きな歌詞(歌)がある


翼あるもの

                                                作詞 甲斐よしひろ
                                                作曲 甲斐よしひろ
                                                唄  甲斐バンド
どしゃ降りの雨をぬけ 晴れ間に 会えたとしても
古いコートは きっと今は まだ 脱ぎ捨てはしない
今は きっと
行く先を決めかねて 佇む 一人の曲り角
さすらう風の 小耳にそっと 行く先 たずねてる
うつろな 今日
明日はどこへ行こう
明日はどこへ行こう
俺の海に 翼ひろげ 俺は滑り出す
お前という あたたかな港に たどり着くまで

疲れ果てた身体をだまし ただ 鳥のように翔ぶさ
風に乗り 雲をつきぬけ 自由を夢みて めざして
大きく はばたく
現代に生きる俺たちに 星は進路を指してくれる
夜の海 誰かが高く 燈火を 生命をともしてる
悲しげに 高く
明日はどこへ行こう
明日はどこへ行こう
いま夕陽に 翼ぬらし 俺は帰るのさ
お前という あたたかな港に たどり着くまで

俺の海に 翼ひろげ 俺は滑り出す
お前という あたたかな港に たどり着くまで

俺の声が聞こえるかい お前に呼びかける
こらえ切れず そばにいたいと
叫びつづける…


翼ひろげ、自由を夢見てめざして・・・はばたく。それも、こらえきれずそばにいたいと・・・・・・叫びつづけながら・・・こんな人間らしさ(・・・)が、大好き

いろいろなところから、こんなふうに元気づけらてるってうれしいね
両方、ありがたい。
どっちも、大好き・・・

「翼あるもの」甲斐バンド




今日、たまたまみかけた絵から、ふと、翼があればいいのに・・・って思った。
体にはないけど、心にはあるのかなあ・・・わからないですねえ・・・





翼あるもの(+1)
ユニヴァーサルIMS
甲斐よしひろ

ユーザレビュー:
これぞカバーアルバム ...
懐かしの名盤名曲 「 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大好きな言葉たちを想いつつ・・・ 秘密の花園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる