秘密の花園

アクセスカウンタ

zoom RSS 大好きな甲斐バンドのライブ・・・

<<   作成日時 : 2010/02/28 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

こんなとき、つくずく(?)日本にいたらなあ〜〜〜と。

土曜、日曜と、甲斐バンドのライブが東京、新宿厚生年金会館であったけど、アメリカにいる私は行けませんね・・・。

この新宿の厚生年金会館が3月で閉館となるらしいです。ここで私はよく甲斐よしひろ氏のライブを観ました。新宿から友達と一緒に歩いた道。ひとりで迷子になった道。いま思い出してもどうやって行くのかなという。といって辺鄙なところにあるのでもなく、単に私が方向音痴・・・。

ライブはたいてい、ひとりで行ってました。いちいち誰かと約束するのも待ち合わせも面倒だし。でもね・・・同じ日に行くっていう友達がいて、駅で待ち合わせして一緒におしゃべりしながら歩いたっけ・・・。帰りは、もう感動しすぎて、語る言葉は少ないけど、よかったね、って。彼女は元気かなあ。

いままでにいろいろな甲斐さんファンさんと知り合った。1990年代は私はまだまだインターネットなどなにそれ?って感じで、たまたま会場で知り合った人と携帯電話番号交換したりで連絡だったなあ。

彼女は、HMVのラジオトークショーで一緒になって友達になった。住んでいる方面が同じで、吉祥寺新星堂トークショーライブなど、私のために2回並んで入場券をもらってくれた。

みんなすてきな人ばかり。でも・・・どこかに淋しさ、のようなものをかかえてる友が多かったように感じる。いや、べつにファンでなくても人はみな、どっかに淋しさ持ってるといってしまえばそうなのですが。そういう感覚が、なんだかどっかで繋がるような気がしてて。

甲斐さんのファンでいて、人生の宝がいっぱい。音楽というすばらしいもの。甲斐さんの描く言葉の世界。そして同じことに心動く友人・・・。

あちこちでいろんな批判も聞くし、甲斐ファンだからって価値観までまったくおなじわけでもない。実際、ひとりの人に、もう話したくないって言われたし・・・。苦い思い出だけど、それでもその人のことなんだか思い出す。

いろんな会場にもいった。大好きだった日清パワーステーションは、もうとっくにない。
渋谷公会堂は、CCレモンホール(?)になったそうで。

日本をはなれていてなにが辛いかといえば、こうやって動いてる「今」を観られないこと、感じられないこと、かな。
やっぱ、人なんですよね・・・。日本の家族、友人、親戚、いっぱい・・・。友達は少ないほうだった。けれど、それでもどうしてるかなって思い巡らす人はいっぱい・・・。

冬に日本に戻ったとき会えた人もいる。高校時代の友人。アメリカから帰国した友達。そんなつながりを大事にしたいと感じたのは、けっこう皮肉なことに、アメリカにきたからこそ、気がすいたかもしれない。

日本にいて、あたりまえのように甲斐さんのライブに行けたら、気がつかなかったかもしれない・・・。




いつでも、どこにいても、どんなに届かない願いがあっても・・・待っている間にこうやって気がついたり、いつかまた、という気合いをいれたり、そんな時間を与えられたのは、突っ走るだけじゃないことかなあと。
ま・・・日本にいたときも、決して突っ走っていたわけではないけど・・・。

なにが大事なのか、ちょっとづつでいい、気がつけばいいかなと。

そういいつつ、いまアメリカでやれることをふと、おろそかにしている自分がまたちらつきだして、あ〜〜あ、となったり。





現実を見つめつつ、願い事を夢見るのは、むずかしい





甲斐バンドのライブ・・・やっぱり行きたいね。
だってすぐ、今が過去になっちゃうもんね・・・。

今が過去になる前に おれたち 走り出そう・・・甲斐バンド「HERO」より・・・






画像は「マッスル」甲斐よしひろ 1990年 厚生年金会館・・・だそうです。

実はこの時期、私は日本にいたにもかかわらず、甲斐の曲を聴かなかった時期でした。
仕事に生活に追われて・・・。あまりいい思い出のない1990年。10年勤めた会社やめたり体調くずしたり。

単純に、たいしたことしてないなあといいつつ・・・それでも
生きていくっていろいろ、大変なんだなあと。生きてるだけで、すごいんじゃないかと、ある意味、感謝しつつ。

ああ・・
鋼鉄の魂がほしい。うてば熱くなるまだエネルギーあることがほしい。
そんな気持ちわすれたくないといいつつ、ぼんやり暮らす日々・・・・・。

どっかであせっている。
のんびりしいてるようでいて心からリラックスしてない、といって、歯をくいしばってがんばることもなし。
どっちつかずの自分です〜〜〜

甲斐のライブにいきたかっただけで、こんなに書くか・・・って感じですねえ〜〜〜




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
もの凄く心に響きました。

なんだかうまく言えないけど…
去年から引きずってたモヤモヤしてたものを、
ぱーっと取り払ってもらったような気がしました。

私、某m●xiやってた頃は、周りの期待に押し上げられるように?半分サービス精神で、思ってもいないこと書いてたりしてて。
なんだか混乱してたように思います。

ホロリともらした一言が、とんだ炎上につながったこともあり。

あれですっかり懲りて、mi●iはもう無理だな〜って、
そんで退会したわけですが。

本当に好きだからこそ、批判していたのに。
それがなんであんな風に周りから逆に批判されたのか。
そうこうするうちに、甲斐は大嫌いと宣言することで、
そんな周りの奴らとの接点を断ち切ろうと必死になっていたかもしれません。

辛かったですよ。甲斐の歌を成長の素みたいに生きてきたわけですから。
自分の親を全否定してるみたいで。

しばらく悶々としていましたが、
結局今回の新宿のライブ、行ってきました。

仙台のお友達が、背中を押してくれました。

行ってよかった、今はそう素直に思えます。

…とりとめがない文章ですみません〜。
なぜか忘れな草さんには、♪隠しておいた言葉がホロリこぼれてしまう♪のです(笑)

ありがとうございます。
カルアミルク
2010/03/01 17:22
お初にお目に、かかりまする。
あたしが甲斐バンド知った時。
あたしもう、10代でも20代でも、なかったんどすえぇ。
ふたりのヤンチャ坊主の、母でしたがなぁ。
少ない時間やりくりして、だんなはんと二人で、ライブにゴー。
あっちのホール、こっちの会館。
いやぁ、あたしの青春。
チョビっと遅れて、来はったえぇ〜。
チョビっとなぁ〜。
いまでも胸ん中、大切にしまって、あるざんす。
ふたりで熱くなった、花園ラクビー場。
あたしひとりの、箱根ピクニックランド。
もうひとつ、イチバン大事な、お・も・い・で。
息子がくれた、再結成ライブのチケット。
親子でハジけた、夢のような、時間どしたえぇ。
今のあたし?
毎日、 小さなしあわせ で、 まんぞくまんぞく〜。 
走るより歩くことの大切さ、知ったから。
日本にいても、もうライブ、行かなかったよねぇ。
今が過去になること、受け入れてるよって。

甲斐バンドと、走り続けるエネルギー。
今のあたしにゃぁ、ないざんす。
遠くで汽笛を聞くように、
ひっそり思い出、いいモンどすえぇ。

思い出にひたらせていただき、感謝いたしまするぅ。
T&M
2010/03/01 18:52
>カルアミルクさん、
コメというか、想いをいっぱい打ち明けてくださって、すごくうれしいです。ありがとう・・・。

私も日本にいたら不平不満言ってるかも^^;
私の不満はTKとのコラボのときでした。辛かった。でも、それを超えたら、もうなんでもやってって感じで、で、きっと私はあなた(甲斐さん)をずっと好きだから、ね、っていう想いになっていって。

カルアミルクさんも、だからそんな時期とか批判、否定あっても・・・なんて偉そうにいえないけど・・・そんなときってあるんじゃないかなあって。

批判してる人もいっぱいですね(笑)仕方ないかなあとも思えるし、といいつつそういう意見を見るのはやっぱり心痛むし、だってそんなに私も器大きくないし。けどあれじゃあっていう意見(甲斐に対して)もあるかなあと・・・。ってどっちだ〜〜〜^^;←こんなあやふやな態度だから逆に私は「いやな女」だなあって感じます、自分のこと。ただ離れているから観られる(ライブを)だけでありがたいという、めちゃくちゃに単純なだけのばかなファンだなあって(笑)

新宿ライブ・・・行かれてよかったですね

甲斐の歌を成長の素、ですね。すてきだなあ。そう書かれてあって、あ、私もそうだったんだってまた気がついたような・・・。
だから、私のほうこそ、どうもありがとう〜〜〜と感謝です。

うまくここに書ききれない気持ちでいっぱいです
忘れな草
2010/03/03 05:02
>T&Mさん、コメントありがとうございます。
はじめまして・・・。
ここでまた甲斐さんファンさん(たとえいまは思い出でもw)に出逢えて、またまた甲斐さんに感謝?というか、うれしいです。

うわーーー行きたくても行けないとあきらめてた「花園」も「箱根」も、いらしたのですねそれもだんなさまと。そしてその後での息子さんからのプレゼント・・・こんな、人生でものすごくすてきな大事なお・も・い・で・読ませていただいて、いいなあ〜〜〜と素直に感動です。

そしていまの幸せ・・・。
私はまだ、どこかでいつも走りたいって焦っています。いまあるものを見ないで、夢ばっか追いかけて。実は、こんなブログ書きましたけど先日私はだんなにライブ観に日本に帰りたいって、くってかかっていじけてた私です。はずかしいです(大汗)。あ、いまアメリカにいるので。

歩くことの大切さ・・・まだまだわからない未熟者です・・・きっとT&Mさん(Mさんでしょうか・・・)と私、そんなに年齢変わらないとおもいます。
こうやって、「甲斐」を語ることでまた人生にむきあえて(おおげさな表現ですが^^;)良かったって思います。最近、甲斐バンドのこと書くのをためらってましたから・・・。今回、おもいつくまままとまらないオモイを書いたけど、こうしてコメいただけたこと、うれしいです。

思い出に変わって輝いてるものもあり、ですねそんなお気持ちをまた大事にされていらして。。。私はきっとまだまだ熱く突っ走りそうですけど、そんなすてきなまなざしでいらしゃるファンさんのT&Mさんに、また熱いもの感じました。ありがとうございます
忘れな草
2010/03/03 05:25
独り言です。
甲斐バンド、甲斐さんへの想いを書くのはもう疲れるからやめようといいつつ書いたブログに、こんなうれしいコメいただいて、心から感謝です。
やっぱり甲斐が好き
甲斐を好きな人も好き
うそっぱいきれいごとに聞こえるし気恥ずかしいけど、そんな気持ちがしてる今を大事にしたいです。
ちょい、荒れてましたから・・・
届かないオモイに、やるぜないキモチに、自分で収拾つけられなくて。ごめんなさい
忘れな草
2010/03/03 05:33
1月の終わりから試験のためどなたのブログも全然読めなくなっていて、今月に入ってからやっとぼちぼちあちこちまとめ読みの状態・・・今頃コメでございます。
私もいろいろ甲斐さんについて思うことはありますが、常に近くにアツク語り合える人がいるので(笑)バランスとりやすいんだろうなと思います。
ちなみに今回のツアーは非常によかったです。批判も周囲では聞かないし、私自身もファン復帰の2004年以降の中で一番よかったと思います。
照和でのライブのこともあれこれ言われてるけど、私には私なりの解釈があり、あれでいいんじゃないかと。俺たちはこうやる、それを受け入れるも受け入れないも自由という、甲斐さんの強気を感じてそれを好ましく感じています。今回のツアー、照和ライブ、これでいったん一区切り。次にはこれまでとは一線をひいた甲斐さんが見られる期待をもてるツアー内容でした。
あやこねこ
2010/03/23 14:04
>あやこねこさん、ありがとう。
試験、お疲れ様です。
アツク語れて、いいですね(笑)最近私は語らなくても自分の考えがあればいいさって感じです。
それでも時々、無性に(?)語りたくなります。
ツアーよかったと聞くと、やっぱりうれしいです。
いろいろやるたびに、いろんな意見がでますね、これはいまに始まったことではないでしょう・・・ネットが普及していなかった時代、DJしてるラジオ局に葉書書いたり友達と手紙でやりとりしたり。

照和もいろいろでしょうね・・・。あやこねこさんにはあやこねこさんの解釈や、よかった〜〜とかいろいろなお気持ちありますね私も、接し方(ライブいけないとか)は違うけど、自分なりにこうして「甲斐」への気持ちはあります。それでいいんだってつくづくと感じます。照和もいけないけど応援してるし、歌い続けてくださいと願うばかりです。

今回のツアーから今後も期待できるというコメに元気もらえました。どうもありがとう
忘れな草
2010/03/26 18:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
大好きな甲斐バンドのライブ・・・ 秘密の花園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる