秘密の花園

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛を・・・

<<   作成日時 : 2010/06/09 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

もう、いままで出逢った人と、誰ともはなれたくない。
ずっと好きでいたい。好きでいてほしい。それってちっぽけなわかままな想いだけど、そう祈る日もありです。

「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。
愛は決して滅びない。」(聖書より)

ここは聖書でも「愛の章」呼ばれる、新約聖書 コリント人への手紙 一 13章、からです。
あは・・・いきなりでしたねえ・・・。今日聖書クラスで、ここを皆で読みました。でも私は遅れていったので、ちょうど愛の章がおわり、次の14章でした〜〜〜〜〜あちゃwwwです。大事なとこだったのにね。

って・・・


こんな愛、持ってないよ。
こんな愛、誰かに求めないよ。

ただ、もう誰もはなれないで・・・
ずっとみんな側にいて・・・
あのとき笑い会ったように、また笑って・・・

ささやかな望みも、かなわないとわかっていつつ、かなわなくても望んでしまいます(意味がわからんwww)






こんな曲聴いちゃったからかなあw

「あの素晴らしい愛をもう一度」・・・甲斐よしひろ&アルフィー坂崎さんw




心と心がもう通わない・・・それって淋しすぎるけど、生きてるなか、仕方ないのかと。
それでも、もう一度と・・・


高校時代に学校の文化祭で歌ったっけ・・・あはは、まあいいじゃないですか〜〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「素晴らしい愛」なんてないわ〜(悲)
海くんママ
2010/06/12 17:38
カトリックの高校に通ってたので、
聖書の言葉がなんだか懐かしいです。

私は人と心を通わすことが苦手…
というか、心を人にさらけ出すことができません。

なので近づいて来られると逃げ腰になるし、
まぁそんなんで友達何人も失ってますが(笑)

それでいいや〜なんて、投げやりに生きてるから、また信頼も失うわけで。

でもそういう生き方しかできないから…

と、ここでいつもこぼしてしまってすみません(涙)
なぜかここではどこよりも素直になれる私(汗)

プロバイダー変更するので、新しいパソコンからまた現れますね。

ハロルド
2010/06/14 23:13
これ、何のときの映像だ?と思って見てみたら。
テレビでは放映なかったけど、こんな曲やって、どこかでこっそり映像流してたんだ〜。

この曲は中学時代の合唱コンクールで歌った記憶がある。
実は反戦の歌だって、BTRのライブで知りました。
「心と心が今はもう通わない」のは相手が死んでしまっているから、ということだって。

>不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

愛について、ここだけは自信あるな。
恋愛において自分に正直であるっていうことはすごくひどいやつという評価を受けることもあると思う。
でも、いいんです。誰に恨まれても、見下げられても、軽蔑されても、愛については「不義」はいやだし「真実」に忠実でいたい。

なぜかここではどこよりも強気になれる私(苦笑)
あやこねこ
2010/06/15 13:42
>海くんママ、ありがとうございます〜〜〜

って・・・あはw
どんな愛があるかな〜〜〜
といいつつ、私も・・・
ないわ〜〜〜〜〜〜〜
忘れな草
2010/06/18 18:38
>ハロルドさん、どうもありがとうございます。

若き日に聖書にふれる機会があって、いいなあ〜〜とか思える私です、こんな年齢(?)でようやく入り口にたどりついたというとこですから

人を思いやるとか人の気持ちを考えるとか、所詮できないのです^^;ってか、できると思ったら大間違い〜〜〜っていう失敗やらかしてますw自分。それでも、なんか、わかってほしい〜〜〜って求めてしまったり、わかりたいって思い込み激しくなっちゃったりで、私も友達何人も失ってます(涙)あなたなんかきらい、ってはっきり言われたもんね・・・。

って、私もこぼして、すみません〜〜〜

でも、それでも・・・今思い浮かべることのできる人、やっぱり大事にしたいってこだわるのは、なんででしょうね。とってもむずかしいのに、ね。

ハロルドさん、私はハロルドさんのことわかりたいけどやっぱわかってないなあと。だからもっと関わりたい、なんていったら、ウゼ〜〜〜〜〜かしらん、ね(笑)
忘れな草
2010/06/18 18:54
>綾子ねこさん、どうもありがとうございます。

私はこの映像、知らなくて偶然発見(?)したのでした。実は違う甲斐SONGを貼るつもりが(笑)

反戦の歌、ですか・・・。曲調がね、恋愛(失恋)にしてはなんかしっくりこなくて、なのに心に残る歌で・・・そんな意味があったのかなあと、新鮮ですね。心と心が通わなくなった人と、素晴らしい愛をもう一度と願うのは、未練ではなく、悲しみあるいは怒り、失望だったのか・・・。

希望につながる曲って、感じていきたいな。

>>不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
あああ・・・すみませんwwwいまだ「真実」とか、わからないで人間やってます^^;愛は、自分を犠牲にしても(自分が辛くても)相手の幸せを祈ることと聞きました。けど、そんなの私は、全然ないなあと感じるとき、凹みます。きっと私は自分勝手でひとりよがりだって。

そうですね・・・人に正直であるには、まず自分に正直に、なのでしょう、ね・・・。

って、うまくお返事になってなくてごめんなさい・・・

忘れな草
2010/06/18 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛を・・・ 秘密の花園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる